交通事故における行政書士の役割

1、弁護士さんとの違い

交通事故においての行政書士の業務は後遺障害等級認定手続きおよび異議申立書作成、自賠責保険請求手続き、事故発生状況報告書、過失割合調査書の作成これらの相談等様々なサポートを行えます。

弁護士さんとの違いですが、分かりやすく言えば調停や裁判等の争い事を業務に出来るのが弁護士さんだと思ってもらえばいいと思います。

よほどの事故で裁判にして賠償金を多くもらわないと我慢できないと言う事でなければ、保険会社との話し合いや、ご自分で自賠責保険の賠償金を請求する被害者請求を家族や専門家に頼んで、治療に専念したいと多くの方は思うのではないでしょうか。

事故に遭った上に何度も裁判所まで出向いていくのも大変な事です。多くの時間とお金もかかります。示談交渉も何度かは加害者の保険会社と加害者自身が訪問してくるでしょからその時に行政書士に同席してもらうと言う方法もあります。

弁護士さんの様な代理人でなくても被害者の方の使者になる事は出来るのです。

被害者の方やその親族の方がいるのですからその方達の代わりに話をしているだけで、自分達の考えと違っていればその場で訂正してもらえばいいと思います。

裁判所に提出する書類の作成も被害者のご家族が作成する事が出来ます。要は出来る事は自分でやるという様にすれば何十万もの費用を少なく出来ると言う事なのです。

争い事が大きくなり裁判等になればかなりの労力がかかる上に裁判に勝てるとも限りません。

そうなる前に解決するのが行政書士の役割だと思っています。

 

2、その他にも・・・

事故の後の後遺障害等級認定の書類作成等は、書類の精度が重要になってきます。

この書類作成を行政書士に任せ、示談交渉等は弁護士さんが行うという様に役割分担を行っている所もあります。

書類作成に強いのは行政書士なのです。どの等級になるかで、加害者に請求できる金額が大きく違ってきます。

当事務所でも何事も適材適所で対応する事が大切だと考えております。

交通事故は事故に遭ったご本人にとってもご家族にとっても大変な事態です。時間が経つと事故の記憶があいまいになる事もあります。まずは相談してみて下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー